バイセルで出張買取してもらいました!査定員の印象や査定の流れ、買取額について詳しく解説

バイセル出張買取 体験レポート
着物買取でCMもしているバイセルは大手買取業者さんです。高額査定をうたっていますが、本当に高額査定、高額買取が可能なのか実際に着物の買取をしてもらい調査しました。

実際の出張買取の流れや、査定員の雰囲気など体験してみないとわからない部分も詳しくまとめています。

買取の依頼方法について

バイセルで出張買取を依頼する際は、公式サイトの問い合わせフォームから依頼をするか、電話で依頼することができます。

お問い合わせフォーム

画像引用元:バイセル公式サイト

フォームからの申し込みの場合は、後日バイセルから連絡が入り買取商品の確認や出張サービスについての説明、日程の調整を行います。電話で申し込みを行った場合は、その電話で日程の調整まで行うことができます。

電話でのやり取りの際に、お願いすれば査定員を女性にしてもらうことも可能です。

すぐにバイセルの出張買取を申込むならこちら

着物買取の訪問当日

訪問をお願いしていた時間通りに査定員の方が来られました。

査定員の服装はカジュアルなスーツ姿で、車も買取業者と記載があるわけではないので、買取を依頼していることをご近所に知られたくないという方でも安心して依頼することができます。

ご挨拶

ご挨拶とともに名刺を頂けるので、どこの誰が査定をするのかがしっかりわかります。

査定に関する説明

査定に関する説明や、査定後の流れ、クーリングオフの説明がありました。

査定

査定していただく着物は事前に準備しておきました。
着物

着物は黒留めそでや大島紬など5点、帯は袋帯など2点、計7点の査定になります。

着物査定のポイント

着物の査定の際のチェックポイントは5つです。

  • 裾の擦れ
  • 襟の汚れ
  • 仕付け糸の有無
  • 抱きのしわ
  • 落款の有無

裾の擦れ、襟の汚れ着物の裾や襟を見ることで使用頻度がわかります。

仕付け糸、抱きのしわ仕付け糸の有無で、未使用かどうかを判断しています。

抱きと呼ばれる部分は使用していると取れにくい、しわができるのでこれが使用しているかどうかの見分けになります。

落款有名作家さんの落款があるとかなりの高額の買取が可能になります。

来ていただいた査定員さんに今までで査定してきた中で経験された高額買取はいくらだったかを聞いてみたところ、50万~120万というお着物もあったそうです。

黒留めそで

黒留めそで黒留めそでは結婚式などで着られる着物ですが使用頻度が低いので今はレンタルで済ませてしまう方が多く、そのため買取額は1,000円程度になることが多く高額査定はあまり期待できないそうです。

こちらの黒留めそでは落款があり、さらに3名分の名前が記載されていました。これは3人共同で作成された珍しい着物で、少しお値段が期待できそうです。

付け下げ訪問着

付け下げ訪問着黒色や、茶色、紺色は汎用性が高いので値段が付きやすく、たいして赤やオレンジなどは値段が低くなりやすい色です。

大島紬

紬で大切なのは証紙です。
証紙証紙は購入の際についてくることがありますが、呉服屋さんによってはつけていないこともあります。

大島紬査定員は生地の具合から価値を判断することができますが、次に購入される方は証紙が価値の基準になるので、証紙がある着物のほうが買取額も高額になります。

帯査定のポイント

帯を査定する際のチェックポイントは3つです。

  • 裏のしわ
  • 日焼けやシミがないか
  • 落款の有無

帯の裏のしわ帯は裏面のしわを見ることで使用しているかどうかがわかります。

日焼けやシミ帯の表面に日焼けがないか、シミがないかもチェックしていきます。

帯の落款帯の落款は内側にあり、場合によっては縫われている内側に入っていることもあります。覗いてみてわかりにくい場合は任意でほどいて確認することもあります。糸をほどいたことによって査定額が変わることはありません。

帯はこちらの2点を査定していただきました。
袋帯新品の帯

落款のある袋帯と、落款のない新品の帯です。

以上ですべての査定が終了しました。

査定後の流れ

本社への確認

査定員 電話
金額を決定する前に、高額な買取額になったり、有名な作家さんの着物などの判断は、本社へ連絡をして、間違いがないかを確認します。

今回は特に電話での確認はなく査定が完了しました。

買取価格の提示

金額の提示 電卓
大島紬(証紙あり)  25,000円
黒留めそで(落款あり)22,000円
付け下げ訪問着(紺色) 8,000円
その他はまとめて   12,000円
合計で67,000円となりました。

作家さんの落款がなかったり、着ている頻度が高いものなどは、個別には金額がつけられないので、まとめていくらでとなることがあります。

買取ができなかったものについては処分などはしてもらうことはできません。

買取の意思確認

実際にどの着物を買取してもらうのか、どの着物はやめるのか、という判断をして、買い取ってもらう着物が決まったら契約書を作成します。

契約書の作成

画像引用元:バイセル公式サイト



内容の説明ののちに「決済コール」にて、問題なく取引ができているか、納得していないまま契約書にサインしていないかなどを確認してから決済となります。
決済コール

買取金額の支払い

買取の了承が得られたら、契約書にサインをしてお支払いとなります。

買取金額の支払い

画像引用元:バイセル公式サイト

査定員の方は、部屋の片づけをして、買取済みの着物をもって帰ります。

フォローコールが入る

査定員が帰った後に、バイセルの独自システムであるフォローコールがかかってきます。

フォローコール

画像引用元:バイセル公式サイト

査定員の前では言えなかったこと、本当は納得いっていないなど不満な点がなかったかなどのヒアリングをしてもらうことが可能です。

クーリングオフについて

買取から8日間は買い取った着物をそのまま保管しています。万が一、契約を解除したい、あの着物だけ売りたくないという場合でも8日以内であれば、買取をやめることも可能です。

クーリングオフもらった資料の中に、クーリングオフの方法や契約解除のためのはがきが入っていました。

万が一、クーリングオフをしたくなった時も、すぐに確認することができます。

まとめ

今回は訪問から支払いまでで1時間程度で行うことができました。10点から20点くらいの着物であれば1時間から1時間半程度で完了することができるそうです。

また着物を査定してくれたバイセルの査定員さんは、着物以外の古銭や切手などの査定も可能なので、一緒に査定を行うことが可能です。査定員のほうから見せてくれというようなことはないので、売りたいものだけを査定してもらうことができます。

査定員来ていただいた査定員の方は丁寧で、査定の知識も安心感があり、強引さや不信感は全く感じることなく査定を行っていただけました。

バイセルで査定してもらってよかったポイント

なんといっても、7点で67,000円もの査定額がついたのには驚きました。着物についてはあまり詳しくなかったのですが、1点ずつ丁寧に説明していただけたのでしっかり査定していただけているという実感もありました。

バイセル

  • 買取価格が大満足の高額査定
  • 着物の価値をしっかり査定
  • 決済コール、フォローコールなど査定員以外の方の監視がしっかりしていて安心
  • クーリングオフがわかりやすくて安心

アフターケアもしっかりしているので、また利用したいと感じさせてくれる着物買取業者さんでした。

公式サイトはこちら