着物の持ち込み買取とは。メリットやデメリット、買取までの流れを解説!

不要になった着物を専門業者さんに買い取ってもらう場合、

  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 持ち込み

の3つの方法があります。それぞれ買取方法の特徴やメリット・デメリットがあります。
特徴を把握して自分に合った最適な買取方法を選択することで、納得いく買取につながります。このページでは「持ち込み買取」について解説しています。

「持ち込み買取」とは?

現金持ち込み買取は、買い取ってもらいたい着物を業者やリサイクルショップなどの店舗へ、直接持って行く方法です。

その場で査定してもらえて、OKならば現金で買取をしてくれます。

持ち込み買取の大まかな流れは次のようになります

  1. お店の場所を調べて、直接店舗へ品物を持って行きます
  2. その場で査定となります
  3. 査定額に納得いけば、現金で買い取ってもらえます

(注)業者さんによって細かいところで違う場合があります。

持ち込み買取のメリット

持ち込み買取はこんな方におすすめ

  • 買取店に持って行くのが面倒でない方
  • すぐに査定して買取って欲しい方
  • 目の前で査定してもらった方が安心できる方

査定、買取、支払いがすぐできる

店舗着物の持ち込み買取は、空いた時間に立ち寄って、すぐに査定をお願いし、買い取ってもらえる手軽さがあります。
その場で現金での支払いになるので、振り込みの手続きなどは必要なくスムーズにやり取りが完了できます。


実際の店舗で査定してもらえるので安心感がある

持ち込み買取なら、実際にお店へ持ち込んで、その場で鑑定士さんが査定をしてくれるので、信頼感と信頼感があります。
宅配買取などでは、査定の様子やどんな人が査定したのかが明確ではないので、不安に思う方もいるのではないでしょうか。
目の前で査定をしてもらうことでことで、安心して買取を行うことができますね。
対面査定を希望するなら、「持ち込み買取」や「出張買取」をおすすめします。

その場で査定額の根拠を聞く事ができる

持ち込み買取なら、万一、査定金額に不満があった場合、その場で理由を聞く事ができます。
査定結果に少しでも疑問があれば、その場で質問してみましょう。
大切にしていた着物であれば尚のこと、自分が納得した金額で買取をしてもらいたいものです。

持ち込み買取のデメリット

持ち込み買取をおすすめできない方

  • 納得の査定額で買取をして欲しい方
  • 着物や小物など買取量が多く運べない方
  • 持ち込みに行く時間が無い忙しい方

持ち込み買取のお店を選ぶのが大変!

持ち込み買取の場合は、まずは近くに着物を買い取ってくれる業者や店舗を探すところから始めなければなりません。

どの店舗がおすすめなのか、どこなら適正価格で買い取ってくれるのか?
限られた地域になると、実際に持ち込み買取をした人の口コミや評判などの情報を集めるのも一苦労です。
結局、持ち込むところが決められずに買取を諦めてしまった…なんてことになるかもしれません。

持ち込み買い取り先が決めらないときは、ネットなどで全国展開している着物出張買取専門店や宅配買取サービスを行っている大手の業者に依頼するのもおすすめです。

品物を自分で持って行かなければならない

荷物着物が数枚以上ある、和装小物も一緒に査定して欲しいなど、量が多くなってくると、店舗に持ち込むのは一苦労。
電車やバスなどの交通に便利な地域に住んでいる人であっても大荷物で移動するのは大変です。
車で移動が楽にできたとしても、実際に買取ってもらった着物の金額が、その時間と労力に見合うとは限らないのが、持ち込み買取のデメリットでもあります。

最近では、荷物を梱包して送るだけの「宅配買取」を行っている業者も多くあります。
着物と小物類を一緒にまとめて査定して欲しい方には、梱包して送るだけの「宅配買取」もおすすめです。

「宅配買取」をもっと知りたい方はこちら

お店の営業時間が決まっている

実店舗を構える、着物買取業者やリサイクルショップは、当然ですが営業時間があります。
なので、営業時間内にお店に品物を持って行かなければなりません。

営業時間内に店舗に持ち込むのが難しい人にとっては、「宅配買取」や「出張買取」など別の買取方法を検討しましょう。

簡単手間なし!「出張買取」で人気の「バイセル」詳細はこちら
着物買取には、メルカリやオークションを利用する事もできます。
自分の希望する金額で着物を出品して買ってもらうことができるのがメリットです。
スマホやパソコンから登録するだけで、簡単に出品できるので、空いた時間に手軽に着物を売ることが可能です。

手間と時間がかかりますが、自分の着物を気に入って購入してもらいたい方にはおすすめの方法です。

オークションやメルカリでの着物の売り方の詳細はこちら

着物の買取金額は大きな差がある

一般的な留袖の場合、相場価格は1,000円〜60,000円くらいが目安になります。
着物の保存状態やシミ、汚れの有無によって査定額は大きく変わりますが、作品の有名性や人気の柄、証紙の有無などによっても着物の買い取り金額に差が出てきます。

着物買取の際に付けられる値段は、一般の人にはなかなかな分からないものです。
なので、提示された査定金額で買い取ってもらう際には、査定の基準が明確で、なぜその価格になのかをきちんと説明がされているか、は大切なポイントです。

買取業者や店舗によっても査定額に差がある

持ち込み買取の場合は、持ち込む店舗によっても査定額に差があります。査定金額に不安がある場合は、他の業者さんや店舗に依頼してみるのも良いでしょう。

地域別に買い取り業者をご紹介